募金箱にご協力ください。

郡山ハッピーチャイルドプロジェクト

郡山ハッピーチャイルドプロジェクト

郡山ハッピーチャイルドプロジェクト

fv-head-bg
「ひとりじゃないよみんなで過ごそう。」そう言ってあげられる 子どもたちの「居場所」を ともに、つくりませんか?
ファーストビューイラスト
イラスト

キッズスタジオPORTA(社会福祉法人 安積愛育園)は、
あさかホスピタルグループが運営しています。

ご存知ですか?

日本では、 7人 に 1人 の子どもが
貧困 といわれています。

一見しただけでは気づきにくい、経済格差や教育格差、所得格差が、
身近に、静かに、子どもたちの将来に大きな影を落としています。
テレビやニュースを見れば、
虐待やネグレクトといった悲しい文字が並ぶ日々。
子どもたちを取り巻く環境は大きく変化しています。

そんな状況を解消したい。
一人も取りこぼさない地域にしたい。
希望に満ちた将来を歩んでほしい。

そんな想いから、キッズスタジオPORTAでは
子どもたちの居場所や食事の提供をしながら、
少しでも将来の選択肢が増えるよう、
多様な体験プログラムを取り入れ活動しています。

『郡山ハッピーチャイルドプロジェクト』とは?

Koriyama Happy Child Project

プロジェクト概要

郡山ハッピーチャイルドプロジェクト

『郡山ハッピーチャイルドプロジェクト』とは、
キッズスタジオPORTAが各団体や企業様と
子ども食堂を繋げる“ハブ機能”の役割を担い、
地域全体で子どもたちを支える仕組みを作るプロジェクトです。

主な取り組み

  • 主な取り組み01
  • 主な取り組み02
  • 主な取り組み03
  • 主な取り組み画像01
  • 主な取り組み画像02
  • 主な取り組み画像03
    • 子ども食堂・放課後児童クラブへの食材配布支援
    • 地域の子育て家庭への寄付食材の無料配布支援
    • 地域と子どもたちを繋ぐ、ハブ機能としての役割
    • 子ども食堂・放課後児童クラブへの食材配布支援
    • 地域の子育て家庭への寄付食材の無料配布支援
    • 地域と子どもたちを繋ぐ、ハブ機能としての役割
    私たちについて

    皆様の寄付で
    実現可能なこと があります

    Future

    金額例

    例えば、毎月5,000円
    支援を行うことができます。

    また、継続的な支援にはさまざまな特典をご用意しています。

    使用例

    • 01

      地域の子どもたちが安心安全に生活できるよう、
      ‟子どもの居場所”における維持費として活用させてい
      ただきます。

    • 02

      食事代やおやつ、またクリスマス会や夏祭りの
      行事の活動費として使用します。

    • 03

      ひとり親家庭や多子家庭をサポートする活動に活用します。

    • 04

      フードパントリーの食材購入や梱包資材等の備品に使用します。

    使用例画像 使用例画像 使用例画像
    寄付について

    企業様の声

    実際に寄付や支援をいただいた、企業様の声を掲載しています。

    • スライダーアイコン スライダーアイコン
      株式会社ヨークベニマル
      デリカ事業本部 顧問 
      熊田 正巳 様

      子ども食堂(食材)支援取り組みを始めて

      今年3月㈱ライフフーズは、㈱ヨークベニマルと統合し、現在は㈱ヨークベニマルになりました。統合前㈱ライフフーズの会長が、佐久間啓先生との出会いで、「リタイヤしたら、何か世の中のお役に立てる事は?」から、先生から「子ども食堂」をご紹介、そして見学させて頂きました。この時の場面で“冷凍食材・果物等を活用しながら継続してお役に立てる”・・この会長の強い思いから、私たちに声がかかり取り組みがスタートしました。

      この時期に、社内・外でも食品の無駄(フードロス)の話題があり、自分達が製造販売している商品で、味・品質は特に問題ないのに、サイズ・形で商品にならない規格外が出ており、SDGsとも合わせて、毎週PORTAさんにお届け、そこから各子ども食堂に配布して頂き丸1年お付き合いができました。当初は仕事でしたが、ご家族の方、子どもさんからの「とても助かります、美味しいです、ありがとうございます」の多くの感謝の言葉を頂き、今では、この取り組みをやって本当に良かったと実感しております。

      今後は、PORTAさんと行政、そして私ども同様多くの企業が賛同しやすい仕組みを構築し、 未来を担う子ども達の為、支援の輪が広がることを願っております。

    ご支援してくださっている
    法人・団体の皆様

    多くの法人・団体の皆様からの活動資金や食品等の物資によって
    この活動は支えられています。

    ご支援してくださっている
    法人・団体の皆様

    多くの法人・団体の皆様からの活動資金や食品等の物資によって
    この活動は支えられています。

    • ベニマル
    • 株式会社イズムフーズ
    • 橋本地所株式会社
    • 東邦銀行
    • I&Iグループ
    • XEBIO GROUP
    • 医療法人 慈繁会
    • 株式会社オオバ工務店
    • 株式会社神田産業
    • 青木フルーツホールディングス株式会社
    • 隂山建設株式会社
    • 株式会社エンドー総建
    • (株)フジタ東北支店
    • SECOM エンジニアリング株式会社
    • 富久栄珈琲
    • 株式会社清水工業
    • 安積電気通信興業株式会社
    • ワタザイ
    • 日本アクセス
    • 日本アクセス
    • あさかホスピタル
    • アサカサービスセンター

    SDGsへの取り組み

    私たちは、この取り組みに賛同しています

    SDZs SDZs

    よくある質問

    • Q1

      “郡山ハッピーチャイルドプロジェクト”とは実際には何をしているのですか?

      フードパントリー事業、子ども食堂事業、地域交流事業の3つの事業を行っています。
      また、子どもや子育て家庭を包括的にサポートする取り組みを行っています。
      詳しくは事業紹介や最新の情報はお知らせ・活動報告をご覧いただければ幸いです。

    • Q2

      社内のCSR活動で“郡山ハッピーチャイルドプロジェクトに”寄付を考えているため相談したい。

      お問合せフォームより受け付けております。関係資料の送付やスタッフが訪問いたしますのでご相談ください。 本サイトへの企業バナー掲載や活動報告書の送付などもございます。また、運営母体が社会福祉法人のため、税制上の優遇措置の対象となります。

    • Q3

      子ども食堂に食材を寄付したい場合はどうすればいいですか?

      お問合せフォームから受け付けております。食材の種類、数量、賞味期限、回数、管理方法(常温、要冷蔵冷凍)等により異なりますのでご相談ください。また、各子ども食堂により受け取れる食材が異なりますのでご了承ください。アルコール飲料は受取不可としております。

    その他の質問